小学校受験と聞くと、どこか堅苦しい印象を受ける方もいるかもしれませんが、実は子供にとってメリットとなる部分が多くあります。そのメリットの中でも一番の魅力が大学までの進学がしやすいという点です。小学校受験を見事クリアーすると、その後の中学、高校、大学への進学はその学校の内部試験をだけなので、一般の受験と比べるとプレッシャーもそれほど感じることなく、進学することが出来ます。子供にとって受験のプレッシャーはとても大きなストレスとなりますので、そうしたストレスをあまり感じることなく、次のステップに進めるというのは大きなメリットであるといえます。そして、友達と長く付き合うことが出来るというのもメリットの一つです。公立の学校のように友達との別れもほとんどなく、長きに渡り付き合っていくことが出来ます。小学校受験にはこうしたメリットがあり、毎年多くの方が受験にチャレンジしています。

少子化でも衰えない小学校受験の人気

少子化が続いている現状にありながらも、都内を中心として小学校受験を受ける子供の数は未だ衰えを見せません。なぜそれほどまでに人気があるのかというと、それは大学まで一貫した教育を受けられるということにあります。公立学校のように数年ごとに行われる教師の移動もありませんので、教師のレベルも変わることなく常に一定に保たれます。そのため、学ぶ側の子供もぶれのない授業を受けることが出来、学習効率アップに繋がります。そして、私立学校は小学生から英語学習に力を入れているなど学校ごとに特徴があるため、公立学校のような型に捕らわれず、子供の個性を伸ばすことが出来ます。また、家の近くに友達が作れない分、学校の友人との付き合いはより深いものとなります。その深い付き合いを長年にわたり続けていくことにより、生涯付き合っていくことの出来る友人を得ることも出来ます。こうしたメリットから、少子化が進む今でも小学校受験は人気となっています。

小学校受験をする目的

親は子供が良い会社に入り、安定した生活をおくらせてあげたいと考えます。そのため、良い大学に入れるようにしますが、近年一般の受験が激しくなっております。大学受験は大変なため、小学校受験で大学の附属小学校に入学させるケースが増えてきてます。大学受験ですと、それまでの成長で学力に差がついておりますが、幼稚園のときですと学力の差はほとんどありません。また、小学校受験においては、学力だけではありません。面接試験もあります。たとえ少し学力が悪くても、挨拶を含め、しっかりとした受け答えができると合格しやすいでしょう。受験を行う小学校は東京、大阪などの都市部になります。まだまだ地方においては私立の小学校は少ないのが現状です。大学受験が激化しており、その影響で、高校受験、中学受験と、どんどん受験が低年齢化している傾向にあります。大学受験より、小学校受験の方が比較的簡単なため、最初に苦労をしようと親は考えます。

不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 60年の歴史で培った独自の教育で名門小学校合格をサポートします。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 一人ひとりを合格に導く小学校受験